ルイーダの雑記帳

ゲーム、アプリ、音楽、映画、ドラマなどなど好きなもの気になったものについてあーだこーだ言うブログ

前作からすべてパワーアップ。めちゃ遊びやすいメガテン 『真・女神転生IV FINAL』

0 件のコメント
女神転生IV FINAL 公式サイト
女神転生IV FINAL 公式サイト

イザナミとかルシファーとかシヴァとか、神話が絡むお話が大好きな中二病のみんなー!私も大好きだよー!

さて、神や悪魔が登場するゲームのパイオニアと言えば『女神転生』シリーズです。先日、最新作の『真・女神転生IV FINAL』をクリアしたので、ちょっくらレビューを書きたいと思います。


『女神転生』って何?

真・女神転生


そもそも女神転生シリーズを知らないという若い世代も多いことでしょうし、最初に軽くシリーズについて説明しますね。

共通の世界観として、人間が神や天使、妖精、悪魔たちが現れた現代日本で人間たちが生き抜く姿を描いています。

一般的なRPGは勧善懲悪で悪者である悪魔を倒すというのが筋ですが、本シリーズは決して悪魔を倒すことだけがベストエンドというわけではありません。

秩序を重んじる神々たちの陣営「ロウ」、自由と混沌を求める魔王や邪神たちの陣営「カオス」、そのどちらでもない「ニュートラル」。プレイヤーの選択次第で、自分の立場が変わっていくというのが大きな魅力のひとつです。
(ペルソナなど一部作品はそうではありませんが)

決して答えはひとつではなく、それぞれの立場ごとに「正義」があるというのが実に奥深い作品なのですよ。


そしてもうひとつの特徴は、ゲームバランスのシビアさ。マハムドオンであっちゅーまに全滅なんてことがザラにある、実に辛口設計です。

ハードコアなゲーマーにはたまらない難易度になっています。

真・女神転生IVからの完全進化系

真・女神転生IV FINAL PV


というわけで、本題です。

本作は本筋のナンバリング『真・女神転生IV』から派生しているIFストーリー。前作の終盤から分岐した物語が描かれています。

と、ドヤ顔で書きましたが、私じつは前作をクリアしていません!(ノω≦`)ノ

なんかいまいちハマれなかったんですよね……。舞台が最初東京じゃないし、サムライとか言っちゃってファンタジーっぽい雰囲気だし、悪魔の絵はダサいし、システムは不親切で遊びづらいし。途中で投げてしまいました。

けれど今回は、それらのすべてを改善しています!

地味に一番助かったのは、次の目的地がマップに表示される点です。
ルーラなんて便利な魔法がないので、迷ってしまうとぐるぐる歩き続けることになってしまうのですが、マップ上に印があるので迷うことがほぼありませんでした。これは快適!

会話がサクサクとスキップできるのもGOOD。エンディングが変化する本シリーズにおいて、周回プレイが快適にできるのは嬉しいポイントですね。

メガテン目玉システムの悪魔合体も大きく改善されています。
悪魔毎に得意な属性が設定され、個性豊かになりました。相性のいい技を継承させると、かなり強くなって気持ちいいですよぉ。


とにかく!すべてがパワーアップしています!私のように前作を投げ出してしまった人や、ガッカリしてしまった人は安心してプレイできると思います。

今までのメガテンではないストーリー展開

真・女神転生IV FINAL キャラクター


ストーリーも面白い!

悪魔によって「神殺し」の道具とされてしまった主人公。東京はルシファーとメルカバー、第三勢力のクリシュナたちによって滅茶苦茶にされながらも、もがき、立ち向かっていく物語は胸熱くなります。


で・す・が、メガテンシリーズを昔から遊んでいる人にとっては少し疑問に感じるところもあるかもしれません。

本来メガテンはロウもカオスもニュートラルも、どれが一番正しいということはなかったように思います。
しかし本作はあきらかにルシファー勢、メルカバー勢を「悪」として描かれていました。こんな描かれ方していたら、ニュートラルにならざるを得ません。

ゲーム中に「答えなき答えを探す」というセリフがありましたが、本作では答えはニュートラルにあるよと言われているようで、ちょっとモヤモヤ。

あらすじは面白いのですが、メガテンらしくないっちゃメガテンらしくありません。


パートナーたちがいっぱいいて、みんな和気あいあいとしているのも過去シリーズと異なります。雰囲気としては、ペルソナよりになっているような気が。

ライトが楽しめる難易度

本作は難易度を選択できるようになっているのですが、今回は一番簡単な「対立」でプレイしました。
大人になると昔ほどゲームに集中できないので、簡単にサクッと遊びたいんです……。(遠い目)

この「対立」はかなり難易度が低く、クリアまで一度も全滅することはありませんでした。あの「メガテン」でですよ!

レベルが上がりやすいシステムになっていることもあり、特にレベル上げが必要ありません。最終的には自然と90レベルくらいになっていました。楽チン!

今までメガテンシリーズを遊んだことがない方でも、気軽にプレイできると思います。

強い悪魔をどんどん召喚できるのは楽しいね~。

鬼のようなラストダンジョン

そんなライト向け難易度でも、ラストダンジョンだけはかなり厳しいものがありました。構造が複雑な上に広いんです。ちょっとめげそうになりました。

神に立ち向かうんだから、このぐらいの困難は当然なのかな……?

ペルソナシリーズファンも遊んでみて!

真・女神転生IV FINAL (2016年2月10日発売)

以上をふまえまして、私が本作に対して抱いた感想は「こんなライトなメガテンナンバリングは初めてかも!」です。

わかりやすい熱血展開のストーリー。低めの難易度。(もちろん難しい難易度を選べば即死級ですが)ペルソナシリーズしかやったことがないという人でも、入りやすい内容になっています。

過去作に強い思い入れがある方はどう感じているかわかりませんが、私は普通に楽しめました!めちゃくちゃ遊びやすいですよ。

荒廃した現代東京で戦うという中二設定に燃える方は、是非ともプレイしてほしいですね~。

0 件のコメント :

コメントを投稿