ルイーダの雑記帳

ゲーム、アプリ、音楽、映画、ドラマなどなど好きなもの気になったものについてあーだこーだ言うブログ

映画製作者の大変さが伝わるホラーコメディ 映画『キャビン』

0 件のコメント
キャビン 公式サイト
『キャビン』公式サイト

山奥の小屋でモンスターと遭遇。イケイケなビッチは真っ先に殺される。みんな一緒に行動すればいいのに、なぜか単独行動を始める。
ホラー映画を観ていると、そういう「あるある展開」っていっぱいありますよね。

それが悪いというわけではなく、ホラー映画好きとしては逆にそれを求めている部分もあったり。

映画『キャビン』(原題:THE CABIN IN THE WOODS)は、そういう「あるある」をふんだんに盛り込んだ、ホラーファンのためのような作品でした。

※以下ネタバレあり


あらすじ

森の別荘へとやって来たデイナ(クリステン・コノリー)やカート(クリス・ヘムズワース)ら大学生の男女5人。
彼らが身の毛もよだつような内容のつづられた古いノートを地下室で発見し、呪文を唱えてしまったことから、何者かが目を覚ましてしまう。
一方、彼らの知らないところではその一部始終が監視され、コントロールされていたのだった。
そして、何も知らない彼らに魔の手が忍び寄り……。
転載元:Yahoo!映画


すべてをブチ壊すお祭り騒ぎ

キャビン

小屋に5人の若者が集まり、そこに殺人鬼が現れ……。ホラーの鉄板プロットにのって展開していく序盤。

しかし5人は謎の組織のとある陰謀のために集められており、すべては中継されており……。なんていういのも、『CUBE』や『ソウ』といった最近よくあるシチュエーションスリラーを彷彿させます。

あるよね~こういうの。なんてノンビリしちゃって、前半はちょっと退屈に感じるくらいでした。


しかし、中盤からはそれらの「定番」をすべてぶっ飛ばすような展開!

謎の施設は「古き神」に生け贄を捧げるために、様々なモンスターを使って5人を殺しているというのです。

彼らが遭遇したのはゾンビ一家でしたが、施設には狼男に巨大ヘビ、殺人ピエロ、双子の少女の幽霊と、化物のオンパレード。
しかも、実験に失敗して全員いっきに暴れだすというお祭り騒ぎです。

エレベーターにのって、「チン♪」と現れてくるシーンは胸がワクワクしちゃいましたよね。


どのモンスターも様々なホラー映画のパロディのようなので、調べてみると面白いかもしれませんね。私がわかったのは『シャイニング』、『IT』くらいでしたが。。。

英語ですが、元ネタをまとめた動画なんてものもありましたよ。



そして最後に登場する施設の黒幕が、シガニー・ウィーバー!

死者を大量に出すスリラー映画の金字塔といえば『エイリアン』です。すべてを語らせるならこの人しかいないよね~。

いきなり登場してきたときは、思わず吹き出してしまいましたよ。

映画製作者たちの叫び?

この作品は、ホラー映画を作る大変さを表現しているんだろうね。


「古き神」は、映画の観客。

恐怖体験を仕掛けている施設は、映画製作者。

5人の若者は、映画の登場人物たち。


生け贄を捧げなければ古き神が怒り、すべてを破壊してしまう。
つまりは、最低4人は死者を出して刺激的なホラー映画を作らなければ、観客が非難轟々で映画製作者がある意味死んでしまうということなのでしょう。

それほど映画を作るってことは、大変なことなんだろうなー。なんて思っちゃいました。


各国が実験に失敗していると作中で言っていましたが、それだけ他の国は面白いホラーを作っていないという監督からのメッセージなのでは?

100%成功しているのはアメリカと日本だけらしいので、日本のホラー映画の評価は高いみたい!

なんたって日本支部には貞子や伽椰子がいますからね~w (最近はそいつらも随分と弱くなってしまったけど)


とにかく、全部をまとめると、観客が一番怖い!ってことかね。

クリステン・コノリーがかわいい

個人的にはクリス・ヘムズワースが本当にかっこよくて大好きなんですが
クリス・ヘムズワース
マイティーなソーをヘムズワースしたい!
その話はおいといて、主演のクリステン・コノリーが実にかわいいです。

クリステン・コノリー
かわいい~。30代って信じられない!
そしてどうしても言いたいのが、いしのようこに激似であるということ。

いしのようこ
あ、どうでもいいですか。そうですか。

二度と見られないであろう名(迷)作

というわけで私はこの作品、めちゃくちゃ楽しめました!

こんなストーリー、もう二度と同じ手は使えませんよねw もう同じような作品は出ないでしょうから、観るしかないです!

映画好きにどんどん勧めたくなるような作品でした。


キャビン スペシャル・プライス [DVD]
キャビン
2012年
監督:ドリュー・ゴダード
脚本:ドリュー・ゴダード、ジョス・ウィードン
出演:クリステン・コノリー、クリス・ヘムズワース
公式サイト:http://cabin-movie.jp/

0 件のコメント :

コメントを投稿